リリース日時
2023-09-19 10:00
収録時間
1:03:00
品番
bykm011
/>
某所にある女性専門のエステサロン。
自家製のオイルを使用したマッサージが評判の人気店だ。
自家製のオイルには媚薬が混ぜてあり、時間が経過するとともに全身が敏感に反応してしまう代物だ。

本日のお客はスレンダーな体型で、色白の大人しそうな女性。

まずはマッサージ用の下着に着替えてもらう。
その様子を隠しカメラで観察する…。

「終わりました~」

声がかかり、初回利用のサービスドリンクを差し出す。
デトックス効果があると言って渡すが、実は媚薬入り。
何の疑いもなく飲むお客。
肩を揉みながら、マッサージを開始する。
しばらくして、うつ伏せになってもらう。しなやかな身体…。

「結構、冷えとかもすごいですね」
「冷たいですよね」
「むくみもひどいなあ」

雑談しながら、足のマッサージをする。
揉んだり、曲げたりと、入念なマッサージ。
そして媚薬入りオイルを垂らしてのマッサージに…。
足からゆっくりとオイルを馴染ませていく。
こうして媚薬を身体に浸透させていく…。

「相性がいいみたい。すごい馴染んでます」

白くてきれいな肌にオイルが馴染んでいく。
太ももの付け根など、早くも際どい部分にオイルが塗り込まれていて、媚薬が効果を発揮しているようで、身体をくねらせ始めたりする。
エッチな雰囲気だ…。
少しくすぐったがっている様子だが、これはきっと媚薬オイルと媚薬入りドリンクの効果だろう。

「仰向けになってもらいましょうか」

今度は仰向けでのマッサージ。
お腹周りからオイルを塗り込む…。
すぐにくすぐったがり、足を小刻みに動かす。
身体の芯が火照って来たのだろう…。

「ちょっと部屋、暑くないですか?」
「一応、空調入れてるんですけど。…暖房は入ってませんけど」
「はい、そうなんですね」
「おそらく、オイルとハーブティーの効果が出てきてると思うんです。代謝がよくなって、身体の老廃物が段々下りてきますから…」

媚薬の効果が出てきている!。
必死に快感に耐えている様子のお客。
容赦無いオイルマッサージをガンガン続ける…。
さらに太ももの内側にマッサージを加えると、思わず呻き声を漏らす…。
手で口元を抑え、喘ぎ声を漏らさないよう必死に堪えている。
きっとビンビンに感じているのだろう。
その懸命な表情もまた可愛らしくてそそられる。

「なんかちょっと体調が悪いみたいなので、帰っても大丈夫ですか?」
「わかりました。無理しちゃうとあれなんで。このまま帰るとあれなんで、少しケアしますね」

帰すつもりは無いが、無理に引きとめても怪しまれるので、ゆっくり起き上がってもらい、肩から背中を揉む…。

「身体が熱いとか、体調が悪いとかじゃないと思いますよ。身体が疼いて仕方がないんじゃないですか?」

もう既に媚薬効果に支配されている様子なので、そう言って身体をまさぐっていく…。
ブラジャーをずらし、乳首を直接いじくり始め、帰りたいと言っている言葉を無視して愛撫。
マッサージからエッチなプレイへ…。

「えっ、なんですか」

一瞬その行為に抵抗感を見せるお客だったが乳首への刺激で甘い喘ぎ声を上げてしまい、どんどん加えられる刺激の快感に支配されてしまう。

「帰ります」

強行突破で帰ろうとするものの、媚薬効果でまともに立つことができないお客。
再び施術ベッドに戻すと、ブラジャーを脱がして可愛いオッパイを愛撫した。

「熱くて仕方ないのは、こっちもそうじゃないですか」

火照った身体の中心、パンティの中に手を突っ込み、股間もいじくると、全身をヒクヒクさせて、ヨガり、快感に正直な身体から、すぐに大量のおもらし。
そのまま強引にキスして、愛撫すると、もはや抵抗する事など無くなり完全に陥落した。
パンティを脱がし、全裸にして身体に大量のオイルを垂らしそれを塗り込み、更なる媚薬効果を与えると、もうされるがままの状態になり、大きく股を開いた。
マ○コの穴周辺もオイルまみれにした…。

「グチョグチョじゃないですか」

ぬるぬるのマ○コに指マンとクリトリスいじりをお見舞いすると、快感のままに甲高い喘ぎ声を上げて大悶え…。
四つん這いの体勢にして、今度は背中からオイルをかけて、アナルも丸見えのお尻までぬるぬるにした。
歓喜に全身をヒクヒクしながら悶絶するお客。

「あ~、いや~、イクイク!」

大きな喘ぎ声を上げて、だらしないアヘ顔を晒してイッてしまった。
絶頂でびんびんに感じている全身を撫でまわされ、大きく股を開かされると、電マ器責め!

「もう我慢しなくてもいいですよ」

何となく抵抗感があるが、それでも押し寄せる快感で身体の制御も利かなくなっている状態で、何度も絶頂を繰り返す。
アヘ顔でだらしなく唾液を垂らして喘ぎまくる。
それでも責めは止めずに、電マとバイブでガンガン責めるとすぐに絶頂してしまう。
何度もイキまくっているのに、それでも快感の責めをあたえると、あっけなくイキまくる!何度イッたのかわからないくらいだ。

「さあ、欲しいですか?」
「欲しいです」

待ち焦がれていた様子で差し出されたチ○ポに夢中で舌を這わせるお客。
いつのまにか抵抗感はなくなり美味しそうにチ○ポをしゃぶっている。
見た目は清楚だが、やはりチ○ポは好きなようだ。
そして自らの指でクリトリスや乳首をいじくる…。
完全に発情したメスになった。
キスをしながら手コキをする光景は、まるでテクニシャンの痴女のようだ。
マ○コを舐めると、チ○ポにむしゃぶりついて、69の体勢でむしゃぶりついて、淫乱な素顔を曝す…。

「欲しいでしょ」
「ください」

チ○ポを入れて欲しくて、自分の手で尻肉を開き、アナルを丸出しにしながらお尻を振り、ハメを懇願!
そしてバックから挿入を受け入れると、自分で腰を動かしてチ○ポの感触を満喫…。
イキまくって、喘ぎながら目の焦点が定まらないアヘ顔の状態のままになってしまう。

「もっと激しいのください」

チ○ポの快感に全身でヨガって絶頂を繰り返す。
大きな喘ぎ声が出しっぱなしになる。
正常位の体勢で脚を開いてチ○ポを欲しがり、挿入を焦らされると、悶絶状態になる。

「こするだけじゃイヤ~」

何度も挿入をおねだりして、ズッポリと挿入されすぐにイッてしまった。
対面座位や騎乗位でも激しく自分で腰を振り、淫乱な状態。
最後は正常位からの中出し。

「出しますよ」
「中にいっぱい出してください」

中出しもおねだり!

フィニッシュになってもチ○ポを欲しがって「足りない…。もっと欲しいです」

媚薬の効果は抜群で、最後まで貪欲だった。
WEB SERVICE BY FANZA