リリース日時
品番
-JK、それは魅惑の花。
M性感、それは魅惑の園。
JKのM性感、それはつまり魅惑の花園。

魅惑の花園から聞こえる音は全てが美しい音色。
たとえそれが下品な隠語であっても、美しい。
チンポもマンコも美しい。
アナルやフェラも美しい。
チンポを挿入したマンコから聞こえるヌチャヌチャという音も、最高に美しい。

さらに、魅惑の花園で、私は管理される悦びを知る。
射精とは、ただ射精すれば良いというものではない。
それはただの精子の排出に過ぎない。
美しい射精とは、魅惑の園で、魅惑の花により管理されたもの、つまり魅惑の花園により適切に導かれるべきものなのである。
ある時は手の中、ある時は口の中、ある時は子宮の中に、適切なタイミングで適切な方法で管理され導かれるのだ。

魅惑の花園から聞こえる美しい音色を聞きながら、魅惑の花園によって導かれる、最高の快感。

魅惑の花について、清く・正しく・美しくと昔の人間は言ったものだが、今の時代にはそぐわない。
今あるべきは「エロく・あざとく・気持ちよく」に他ならない。
今は令和なのだ。
昭和平成はもう終わった。
魅惑の花は、ただ清いだけの儚い存在から、あざとさを纏ったドエロい存在へと進化を遂げた。
偉大なる、圧倒的な存在である。
我々は、その偉大なるJK様に首をたれ、魅惑の園へと連れて行って貰い、花園の一部となれるよう願わねばならない。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
おすすめ関連マッサージ作品
WEB SERVICE BY FANZA